注目される婦人科形成

確実な効果が得られる

外科的な処置によって美容効果を得られる美容整形は、多くの人に利用されるようになりました。女性器に関する施術を行なう婦人科形成では、膣のゆるみを改善させることが可能です。手術方法にも様々な種類がありますが、現在ではメスを使用しない「プチ整形」が主流になりつつあります。膣のゆるみに関する悩みを解消するためにもクリニックを受診してみることが大切です。

リスクが低いヒアルロン酸注射

膣の縮小手術はメスが使用されることが一般的でした。余分な膣壁を切除するという方法はダウンタイムが長い分、ゆるみの改善効果が高いことで知られています。しかしよりリスクが低い手術を希望しているなら、ヒアルロン酸注射に注目してみると良いでしょう。ヒアルロン酸は自然に体内に吸収されていくため、人体に悪影響を及ぼすこともありません。

医師と看護師

その他の治療法

高周波を患部に当てることで引き締め効果が得られるビビーブは、膣のゆるみにも最適だと言えます。膣の内壁を厚くすることが可能なので、メスを使用するよりも低リスクで問題が解消される他、ダウンタイムが短いという特徴も兼ね備えています。多くの美容外科でもビビーブ治療は導入されていますが、効果の大きさには個人差が見られる場合がほとんどです。美容外科における婦人科形成の診療が注目されているのは、それぞれの施術に多くのメリットがあることが理由の1つでしょう。適切な方法で悩みを解消することが理想的です。